Entries

RSSに全文を突っ込むのは思ったよりリスクがあるかも

先日の「RSSに全文を突っ込むことについて」のエントリに、ちょっと追記。

いくつか超簡易シナリオ分析っぽいことをしたんだけど、そしたら微妙なケースが見つかった。昨日の段階では,、全文RSSは「コメントをつけるアクション」と「ブックマークを行うアクション」で障壁があるって思ってたのだけれど、どうやらそれよりもう少し大きめな障壁があるっぽい。

以下、思い至ったシナリオ。

  • RSSで全文配信
  • サイトのコメント欄で有意義な議論 or トラバ合戦が行われている
  • 気づかずスルー
  • 議論の発展、知識の取得で機会損失が生まれる

これは・・・かなり痛い気もする。

平均的なブログのコメント状況を考えれば、全体としては些細な問題だと思う。けれどブログによっては、RSS読者と訪問読者で、収集できる情報の質と量に大きな差がでるのではないだろうか?

あと非ブクマ率に関しては心配しすぎな気がしてきたところで、観測気球さんにトラバで、「全文RSSは被ブクマ率に関しては逆に上昇させるのではないか?」という指摘を頂いた。

ただ、こっちは自分的に現状まだちょっと判断がつかない。

RSSリーダーを使う層は、一般のユーザー層よりも高リテラシーなんだと思うけど、さすがにRSSリーダー層の大多数がRSSから直接ブクマができるようなギークではない気がする。はてなやdeliciousが、ディフォルトでそういうツール等を提供してない現状、そこまで使いこなせるのはかなり少数なんじゃないかと。将来的にはともかく、現状では失うユーザーの方が比率的に多いのではと思う。ただ、コメントに比べてブクマは元々の障壁がないに等しいので、そもそもRSSで1レイヤー増えたぐらいはあんまり問題ないのかもしれない。

ただ、個人的な経験則では100件近いRSS巡回よりも、はてなやdeliciousから直にサイトを閲覧して、ブクマ、コメントってほうが多い気がする。ここら辺は正直よくわからない。

とりあえず、思うのは「RSSに全文」は合理的なアプローチだと思うけど、「ユーザーが望む事の反映」や「ユーザーの利便性の最適化」が、それがそのまま「ユーザーの利益や体験」を最大化するとはかぎらないんじゃないかと。購読ユーザー数よりも、アクティブユーザーを集結させる仕掛けのほうが重要なんじゃないかと。

うまく言語化できないけど、そんな感じ。